ブログ

喜多小日記2021

令和3年度離任式

 今日は、離任式がありました。新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、代表児童のみが会場で参加、それ以外の児童はテレビ中継を見ての参加となりました。今年度は、退職・異動あわせて11名の先生方が、本校を離任されます。

 離任式終了後には、各学級でのお別れや職員室まで子どもたちが来てくれてのお別れなど、いろいろな場面が見られました。退職・異動される先生方の今後のご活躍をお祈りします。

令和3年度修了式

 3月25日(金)、令和3年度修了式を実施しました。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、代表児童のみホールで参加、それ以外の児童は教室でテレビ中継での修了式となりました。校長先生から各学年の代表に終了証と記念品が渡された後、1年生と4年生の児童代表が「1年を振り返って」と題して作文発表を行いました。最後に校長先生のお話があり、令和3年度修了式が終わりました。

 修了式後には、今年度末で転校していく児童の挨拶や春休みの生活についてのお話などがありました。

 春休み中、事故にあったり病気になったりしないように過ごして、4月8日の始業式には、全員が元気に学校に来てほしいと思います。

喜多小弁当

 昨日の卒業式後、職員の昼食は「喜多小弁当」でした。このお弁当は、6年生(卒業生)が考案してくれたものを2月のPTA大会で販売する予定でした。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大でPTA大会が中止となり、販売できなかったお弁当です。そこで、給食のない3/24の昼食で職員に販売してもらえないか相談したところ、快く引き受けていただきました。

 

 見た目にも彩り豊かで、味も抜群でした。ごちそうさまでした。

令和3年度卒業証書授与式

 本日、令和3年度卒業証書授与式を行いました。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、会場の人数制限や内容の縮小などはありましたが、卒業生全員が参加して無事に実施することができました。卒業生の今後の活躍を祈っております。

卒業式の準備ができました!

 今日は、午前中、6年生が最後の卒業式練習を行っていました。明日の卒業式に向けて、どの顔も引き締まって見えます。

 午後は、5年生が体育館や教室の清掃と準備をしてくれました。明日の卒業式は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、卒業生と保護者、一部の教職員と児童しか会場には入れず、ほとんどの児童はテレビ中継での参加となりますが、心に残る卒業式にしたいと思います。

6年生を送る会

 3月15日(火)、延期になっていた「6年生を送る会」を行いました。今年も、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために全校で集まることはできず、ビデオ中継での実施となりました。5年生以下の児童は、この日のために6年生に向けた出し物をビデオに録画しておいたり、プレゼントを作っておいたりするなどの準備をしていました。

 6年生は、下級生の心のこもったビデオメッセージを見て、とても喜んでいました。

 最後に、6年生が校内を静かに1周しました。迎える下級生も声を出さないように、教室の中から拍手で迎え、プレゼントを用意している学年では、代表にプレゼントを渡していました。

 コロナ禍の中での送る会でしたが、子どもたちはいろいろな工夫をして、心温まる6年生を送る会となりました。企画・運営をしてくれた5年生のみなさん、ありがとうございました。

黙祷

 今日は、東日本大震災が起こってから11年目ということで、地震が起きた14:46に校内放送の合図で、児童、職員が一斉に起立して黙祷をささげました。6年生の教室でも、授業を中断して黙祷していました。

お弁当の日

 今日は、お弁当の日でした。新型コロナウイルス感染症拡大防止のために3学期の遠足がなくなった代替措置として、各学級単位でお楽しみ会をしたりスポーツをしたりする時間を確保し、お弁当の日としました。食べるとき、みんなで集まって話をすることはできませんが、子どもたちはおいしそうに食べていました。

地区子ども会・税に関する絵はがきコンクール表彰

 今日の1時間目に地区子ども会がありました。今年度の反省をするとともに、来年度の登校班の班長や副班長、並び方を話し合って決めました。4月からは、今の6年生が卒業して、代わりに新1年生が入ってきます。新しく班長や副班長になったみなさん、よろしくお願いします。

 午後は、「税に関する絵はがきコンクール」で、見事「高松国税局長賞」に輝いた児童の表彰がありました。大洲税務署の署長さんや喜多法人会の皆さんに来ていただき、賞状と副賞を渡していただきました。

昼休みの様子

 運動場(プール)とJR線路間の道路わきに菜の花が満開に咲いていました。

 暖かい陽気に誘われて、運動場に出て遊ぶ子どもも増えています。

 春は、いつの間にか身近に来ているようです。